国試103回 解説333



333

 

52歳男性。腰痛のためロキソプロフェンNaを服用している。全身倦怠感が続いたため受診した。

検査の結果、薬物の長期服用による慢性肝疾患が疑われ入院した。

肝機能に関する検査値は以下の通りである。ただし、( )内は正常上限値とする。

 

AST 1,260IU/L(35)ALT 1,330IU/L(35)ALP 264IU/L(330)TBil 0.9mg/dL(1.0)γGTP 40IU/L(50)

 

薬物性肝障害の種類は以下のように分類される。

 

 

この患者の治療に推奨する薬物はどれか。2選べ。

 

1.タウリン

2.ウルソデオキシコール酸

3.グリチルリチン酸

4.ソホスブビル

5.リバビリン

 

 

正解 (2)(3)

 

ALT2N(=70) かつ ALP ≦ N (330) なので

肝細胞障害型とわかります。

 

 

選択肢 1 ですが

タウリンは、肝・循環機能改善剤です。

高ビリルビン血症における肝機能改善に用いられます。

ビリルビンは基準値内です。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2,3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4,5 ですが

これらの薬剤は C 型肝炎治療薬です。

薬物性肝障害には用いられません。

よって、選択肢 4,5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2,3 です。

 

 

ちなみに

ソホスブビルは

核酸型NS5Bポリメラーゼ阻害剤です。

 

プロドラッグです。

肝細胞内でカルボキシルエステラーゼ

CES1)などによる代謝を受け

活性代謝物ウリジンアナログ-3リン酸

となり薬効を発揮します。

 

 

リバビリンは

インターフェロンとの併用で

効果を発揮する抗ウイルス薬です。


追加したガジェットは無効です