国試103回 解説334



334

 

74歳男性。4年前に前立腺癌StageⅢとの診断により内分泌療法が開始された。

今回、内分泌療法抵抗性となったため、「ドセタキセル75mg/m211回、1時聞かけて点滴投与、3週間毎」を開始した。

化学療法施行中、患者から「注射している所がひりひりして痛い」との訴えがあった。

薬剤師が確認したところ、左前腕の点滴ルート刺入部位に腫脹を認め、薬液が皮下に漏出していた。

連絡を受けた医師が直ちに点滴の注入を止めた。

この患者に対する対応として、適切なのはどれか。2選べ。

 

1.留置針に残った薬液をシリンジで回収する。

2.左前腕を胸より高い位置にあげる。

3.漏出部位を温める。

4.左前腕の漏出部位以外から点滴を再開する。

 

 

正解 (1)(2)

 

血管外漏出です。

 

血管外漏出とは

抗がん剤が血管外へ漏れ出ることで

周囲の軟部組織に傷害がおきて

自覚的、他覚的症状が生じることです。

 

直ちに注入中止

→漏出薬剤の確認、回収

→挙上安静 

→薬剤により個別に対応 という流れをとります。

従って、正解は 1,2 です。

 

 

ちなみに

血管外漏出に関して

抗がん剤は大きく3つに分類されます。

 

1:ビシカント薬剤(ドキソルビシンなど)

=血管外へ漏れ出た場合、水疱や潰瘍をもたらしうる薬剤

 

2:イリタント薬剤(イリノテカンなど)

=注射部位や周囲、血管に沿って痛みや炎症を

もたらしうる薬剤

 

3:非壊死性薬剤(オプジーボなど)

=漏出しても、組織が傷害を受ける可能性が低い薬剤


追加したガジェットは無効です