国試103回 解説340



340

 

58歳男性。尿路結石の既往歴あり。健康診断で尿酸値が高いことを指摘され、受診を勧められた。

現在は痛風関節炎等の症状は認められないが、近医を受診した。

検査の結果、尿酸排泄低下型の高尿酸血症と診断され、薬物治療を行うことになった。

 

検査データ:尿酸値 9.3mg/dLeGFR 23mL//1.73m2AST 35U/LALT 33U/LLDH 230U/LALP 340U/L、γ-GTP 65U/L

 

本患者の治療に用いられる薬物として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.フェブキソスタット

2.ブコローム

3.プロベネシド

4.ベンズブロマロン

5.ラスブリカーゼ(遺伝子組換え)

 

 

正解 (1)

 

尿酸値が高いことに加え

eGFR  60 以下であり

腎機能低下が読み取れます。

 

腎機能低下や 尿路結石の既往がある場合

尿酸降下薬は「尿酸生成抑制薬」が用いられます。

 

選択肢 2~4 

尿酸排泄促進薬なので

最も適切とはいえません。

 

 

選択肢 5 のラスブリカーゼは

高尿酸血症治療薬の一つです。

 

進化の過程でヒトでは失われた

尿酸オキシダーゼ

(尿酸→アラントインへ分解)です。

 

がん化学療法に伴う

高尿酸血症の治療に用いられます。

本症例では用いられないと考えられます。

 

 

以上より、正解は 1 です。

ちなみに、フェブキソスタットは

キサンチンオキシダーゼ(XO)阻害薬です。