国試103回 解説339



339

 

28歳男性。双極性障害のために炭酸リチウム錠とバルプロ酸ナトリウム徐放錠で治療を行っている。

今回、うつ症状の改善がみられないため、主治医よりラモトリギン錠を追加したいと薬剤部に相談があった。

バルプロ酸ナトリウム徐放錠とラモトリギン錠の併用に関する情報提供の内容について適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.ラモトリギン錠はバルプロ酸ナトリウム徐放錠と併用禁忌である。

2.両剤の併用で血糖値上昇が考えられるので、定期的な検査を実施する。

3.併用開始後2週間までは、ラモトリギン錠を隔日投与する。

4.両剤の併用で血中アンモニア濃度の上昇が考えられるので、定期的な検査を実施する。

5.両剤の併用でラモトリギンの半減期が短くなるため、投与量を漸増する。

 

 

正解 (3)

 

ラモトリギンの投与により

中毒性表皮壊死融解症

Toxic Epidermal NecrolysisTEN

皮膚粘膜眼症候群

Stevens-Johnson症候群)等の

重篤な皮膚障害があらわれることがあります。

 

用法・用量を超えて投与した場合に

皮膚障害の発現率が高いため

特に注意が必要な薬剤です。

 

バルプロ酸ナトリウム併用時は

投与開始2週間まで、隔日投与にします。(成人のみ)

 

 

従って、正解は 3 です。