国試103回 解説342



342

 

36歳女性。重症嘔吐と摂食不良により、低カリウム血症となり、L-アスパラギン酸K注射液を投与することになった。

 

<注射処方箋>

末梢 (自然滴下、1時聞かけて点滴)

1000

L-アスパラギン酸K注射液10mEq/10mL/アンプル 1

生理食塩液(200mL/ボトル) 1

 

末梢 (自然滴下、1時聞かけて点滴)

1300

L-アスパラギン酸K注射液10mEq/10mL/アンプル 1

生理食塩液(200mL/ボトル) 1

 

末梢 (自然滴下、1時聞かけて点滴)

1600

L-アスパラギン酸K注射液10mEq/10mL/アンプル 1

生理食塩液(200mL/ボトル) 1

 

注意:L-アスパラギン酸カリウムとして、通常成人11.715.14g(カリウムとして1030mEq:本剤13)を日本薬局方注射用水、5%ブドウ糖注射液、生理食塩液又は他の適当な希釈液で希釈する。

その液の濃度は0.68w/v%(カリウムとして40mEq/L)以下として、1分間8mLを超えない速度で点滴静脈内注射する。

1日の投与量は17.1g(カリウムとして100mEq:本剤10)を超えない量とする。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

この注射処方箋で疑義照会すべき内容はどれか。1つ選べ。

 

1.生理食塩液の量が少ない。

2.点滴速度が速い。

3L-アスパラギン酸カリウム濃度が低い。

4L-アスパラギン酸カリウムの1日の投与量が過量である。

5L-アスパラギン酸カリウムの1日の投与量が不足である。

 

 

正解 (1)

 

L-アスパラギン酸K

10mEq/10mL 

生理食塩水 200mL を混ぜると

全量が 210mL 中に

10mEq のカリウムとなります。

 

210mL 中に 10mEq ということは

1 L 中に 50mEq 弱のカリウムになり

40mEq 以下とする、という注意に

矛盾しています。

つまり、生理食塩水の量が少ないといえます。

 

以上より、正解は 1 です。


追加したガジェットは無効です