国試103回 問36~40



36

 

アザセトロンの制吐作用の機序はどれか。1つ選べ。

 

1.化学受容器引き金帯(CTZ)のドパミンD2受容体遮断

2.胃の求心性迷走神経終末のセロトニン5HT4受容体遮断

3CTZのセロトニン5HT3受容体遮断

4.嘔吐中枢のヒスタミンH1受容体遮断

5.胃粘膜の知覚神経終末の電位依存性Naチャネル遮断

 

 

この問題の解説へ

 


 

37

 

副甲状腺細胞のカルシウム受容体(カルシウム感知受容体)を刺激して、パラトルモンの分泌を抑制するのはどれか。1つ選べ。

 

1.テリパラチド

2.シナカルセト

3.レボチロキシン

4.フィナステリド

5.フルタミド

 

 

この問題の解説へ

 


 

38

 

痛風・高尿酸血症の治療薬のうち、尿路結石を予防する目的で、尿アルカリ化薬が併用されるのはどれか。1つ選べ。

 

1.コルヒチン

2.ベンズブロマロン

3.フェブキソスタット

4.ラスブリカーゼ

5.ナプロキセン

 

 

この問題の解説へ

 


 

39

 

骨粗しょう症治療薬のエルカトニンの作用機序はどれか。1つ選べ。

 

1.破骨細胞の活性抑制による骨吸収抑制

2.骨芽細胞の分化促進

3.カルシウムの腸管での吸収及び腎臓での再吸収の促進

4.骨組織のエストロゲン受容体の活性化

5.副甲状腺ホルモンの分泌抑制

 

 

この問題の解説へ

 


 

40

 

TNFα(腫瘍壊死因子-α)の作用を阻害するヒト型可溶性TNF受容体-Fc融合タンパク質の生物学的製剤はどれか。1つ選べ。

 

1.シクロスポリン

2.オーラノフィン

3.インフリキシマブ

4.エタネルセプト

5.アバタセプト

 

 

この問題の解説へ

 


 

前の問題・・問36~40の解説・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説