国試103回 解説36



36

 

アザセトロンの制吐作用の機序はどれか。1つ選べ。

 

1.化学受容器引き金帯(CTZ)のドパミンD2受容体遮断

2.胃の求心性迷走神経終末のセロトニン5HT4受容体遮断

3CTZのセロトニン5HT3受容体遮断

4.嘔吐中枢のヒスタミンH1受容体遮断

5.胃粘膜の知覚神経終末の電位依存性Naチャネル遮断

 

 

正解 (3)

 

アザセトロンは

5-HT3 受容体遮断薬です。

抗ガン剤投与時の吐き気止めとして用いられます。

 

 

制吐薬の代表的な機序としては

他に、D2 遮断、H1 遮断、末梢性制吐 

などがあります。

 

それぞれ代表的な薬は

D2 遮断:スルピリド

H1 遮断:ジメンヒドリナート

末梢性制吐:オキセサゼイン

などがあげられます。

 

 

以上より、正解は 3 です。

 

 

参考 3-2 3)


追加したガジェットは無効です