国試103回 解説37



37

 

副甲状腺細胞のカルシウム受容体(カルシウム感知受容体)を刺激して、パラトルモンの分泌を抑制するのはどれか。1つ選べ。

 

1.テリパラチド

2.シナカルセト

3.レボチロキシン

4.フィナステリド

5.フルタミド

 

 

正解 (2)

 

選択肢 1 ですが

テリパラチド

(フォルテオ(毎日)、テリボン(週一回))は

遺伝子組換え副甲状腺ホルモン誘導体です。

 

この薬は、骨芽細胞の働きを高める

骨形成促進剤です。

選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

シナカルセト(レグパラ)は

カルシウム受容体作動薬です。

副甲状腺機能亢進症に対して用いられます。

 

 

選択肢 3 ですが

レボチロキシンは

甲状腺機能低下症治療薬です。

T4 製剤です。

選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

フィナステリド(プロペシア)は

抗アンドロゲン薬です。

男性型脱毛症に用いられ、進行を遅延させる薬です。

選択肢 4 は誤りです。

 

 

 

選択肢 5 ですが

フルタミドは

抗男性ホルモン薬です。

前立腺がん、前立腺肥大症に用いられます。

非ステロイドです。

選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2 です。

 

 

参考 3-1 1)、3-1 3)


追加したガジェットは無効です