国試103回 解説38



38

 

痛風・高尿酸血症の治療薬のうち、尿路結石を予防する目的で、尿アルカリ化薬が併用されるのはどれか。1つ選べ。

 

1.コルヒチン

2.ベンズブロマロン

3.フェブキソスタット

4.ラスブリカーゼ

5.ナプロキセン

 

 

正解 (2)

 

選択肢の薬物は全て

痛風・高尿酸血症で用いられる薬です。

尿酸排出促進剤を

見分けることができるかという問題です。

 

 

選択肢 1 ですが

コルヒチンは

発作時の抗発作薬です。

 

微小管タンパク質

(チューブリン)と結合することで

微小管の形成を阻害します。

 

これにより、関節炎症部位への

好中球の遊走を抑制することで

痛風発作を緩解します。

選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 は、正しい記述です。

ベンズブロマロンは

尿酸排出促進薬です。

 

 

選択肢 3 ですが

フェブキソスタットは

キサンチンオキシダーゼ(XO)阻害薬です。

選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

ラスブリカーゼは

遺伝子組換え尿酸オキシダーゼです。

点滴静注薬です。

がん化学療法に伴う

高尿酸血症の治療に用います。

選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

ナプロキセンは

酸性 NSAIDs です。

短期間に大量投与することにより

痛みを抑制します。

選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 2 です。

 

 

参考 3-5 3)


追加したガジェットは無効です