国試103回 解説39



39

 

骨粗しょう症治療薬のエルカトニンの作用機序はどれか。1つ選べ。

 

1.破骨細胞の活性抑制による骨吸収抑制

2.骨芽細胞の分化促進

3.カルシウムの腸管での吸収及び腎臓での再吸収の促進

4.骨組織のエストロゲン受容体の活性化

5.副甲状腺ホルモンの分泌抑制

 

 

正解 (1)

 

エルカトニンは

カルシトニン製剤の一種です。

 

破骨細胞に作用して

骨吸収を抑制します。

疼痛除去にも効果が

認められているのが特徴です。 

 

 

以上より、正解は 1 です。

 

 

類題 98-164,99-63、101-62


追加したガジェットは無効です