国試103回 解説41



41

 

食事による胃内容排出速度の低下によって、吸収量が増大するのはどれか。1つ選べ。

 

1.アセトアミノフェン

2.エリスロマイシン

3.セファクロル

4.リファンピシン

5.リボフラビン

 

 

正解 (5)

 

リボフラビンは

担体輸送される薬物です。

 

そのため、GERが小さい方が

担体の飽和を避けることができるため

吸収量は増大します。

よって、正解は 5 です。

 

 

ちなみに

胃に入った薬物が

どれくらいの速度で小腸に到達するかを

GER といいます。

 

GER の主要な変動要因としては

食事や抗コリン薬があります。

食事や抗コリン薬で、遅くなります。

 

また、空腹やメトクロプラミドの投与で

GERは速くなります。

 

 

参考 薬剤 2-1 6)