国試103回 解説46



46

 

糸球体ろ過速度に対する腎クリアランスの比がほぼ1に等しいのはどれか。1つ選べ。

 

1.アンピシリン

2.イヌリン

3.インドシアニングリーン

4.グルコース

5.パラアミノ馬尿酸

 

 

正解 (2)

 

問題文から

糸球体ろ過速度と

腎クリアランスが等しくなるような

物質がどれか、と考えるとよいです。

 

糸球体ろ過速度(GFR)の

理想的測定法はイヌリン投与して

尿中への排泄量を測定する

ことです。

 

なぜなら、イヌリンは

再吸収も分泌も受けないため

イヌリンの腎排泄量がわかれば

糸球体ろ過された血液量がわかる

というわけです。

 

 

このイヌリンの投与をCLという観点から

改めて考えてみると

 

まず、腎CL

「糸球体ろ過 CL + 「分泌 CL

- 「再吸収 CL」です。

 

ここで

イヌリンの場合、分泌と再吸収がないので

CL=糸球体ろ過CL といえます。

 

 

以上より、正解は 2 です。


追加したガジェットは無効です