国試103回 問51~55



51

 

日本薬局方において、口腔内で徐々に溶解又は崩壊させ、口腔、咽頭などの局所に適用する口腔用錠剤と規定されているのはどれか。1つ選べ。

 

1.溶解錠

2.トローチ剤

3.チュアブル錠

4.口腔内崩壊錠

5.分散錠

 

 

この問題の解説へ

 


 

52

 

日本薬局方で規定されている一般試験法と、その試験法が適用される剤形の組合せとして、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

   一般試験法    剤形

1.無菌試験法     点鼻液剤

2.鉱油試験法     テープ剤

3.粘着力試験法    軟膏剤

4.重金属試験法    点眼剤

5.製剤均一性試験法  坐剤

 

 

この問題の解説へ

 


 

53

 

下に示す包装形態の名称はどれか。1つ選べ。

 

 

1SP(Strip Package)包装

2.バラ包装

3PTP(Press Through Package)包装

4.ピロー包装

5.スティック包装

 

 

この問題の解説へ

 


 

54

 

腹膜透析用剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1pH調節剤を加えることはできない。

2.等張化剤を加えることはできない。

3.別に規定するもののほか、無菌試験法に適合する。

4.静脈内に投与される。

5.通例、密閉容器に保存する。

 

 

この問題の解説へ

 


 

55

 

経口徐放性製剤の利点として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.作用発現開始時間の短縮

2.肝初回通過効果の減少

3.最高血中濃度の増大

4.副作用発現頻度の低下

5.最小有効濃度の低下

 

 

この問題の解説へ

 


 

前の問題・・問5155の解説・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説