国試103回 解説56



56

 

肺腺がんの診断に有用な腫瘍マーカーはどれか。1つ選べ。

 

1NSE

2CA125

3CEA

4PSA

5AFP

 

 

正解 (3)

 

選択肢 1 ですが

NSE(neuron specific enolase) 

神経芽細胞腫や肺小細胞癌時の

診断、経過観察に有用な腫瘍マーカーです。

 

肺「腺」がんの診断に有用とは

本試験時においていうことはできません。

よって、選択肢 1 は誤りです。

 

 

選択肢 2 ですが

CA125 

卵巣がん、子宮体がんの腫瘍マーカーです。

「肺腺」がんの診断に有用とは

本試験時においていうことはできません。

よって、選択肢 2 は誤りです。

 

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

CEA 

大腸がんのマーカーとして利用されます。

また、肺がんの多く、特に腺がんで

マーカーとして利用されるようになっています。

 

 

選択肢 4 ですが

PSA 

前立腺肥大や前立腺がんとの

関連が高い腫瘍マーカーです。

「肺腺」がんの診断に有用とは

本試験時においていうことはできません。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

AFP

肝臓がんになると増加する腫瘍マーカーです。

「肺腺」がんの診断に有用とは

本試験時においていうことはできません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 3 です。

 

 

参考 病態1-2 8)

類題 97-56、101-56


追加したガジェットは無効です