国試103回 解説58



58

 

子宮内膜症に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1.無痛性の疾患である。

2.受精卵が着床しやすくなる。

3.血清中のCA125が低値を示す。

4.エストロゲン分泌が減少する。

5.薬物治療には低用量黄体ホルモン・卵胞ホルモン配合剤を用いる。

 

 

正解 (5)

 

選択肢 1 ですが

子宮内膜症とは

子宮内膜が子宮以外の場所に発生する疾患です。

 

子宮内膜は

月経周期に伴い

肥大→剥離を繰り返します。

 

子宮以外の場所で

子宮内膜が発生するとその場所でも

肥大→剥離のプロセスが進行するため

激しい月経痛などが症状として現れます。

また、着床がしづらくなることがあります。

 

よって、選択肢 1,2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 ですが

子宮内膜症では

CA-125は、上昇することが多いです。

よって、選択肢 3 は誤りです。

 

 

選択肢 4 ですが

子宮内膜症は

エストロゲン依存性の疾患です。

エストロゲン分泌が減少・停止すると

子宮内膜症は軽症化することが知られています。

 

従って

「子宮内膜症でエストロゲン分泌が減少する」

という記述は明らかに誤りです。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 は、正しい記述です。

ルナベル、ヤーズなどが用いられます。

 

 

以上より、正解は 5 です。


追加したガジェットは無効です