国試103回 解説59



59

 

中枢性尿崩症の治療に関する記述のうち、適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.飲水を制限するよう指導する。

2.ヒドロクロロチアジドを投与する。

3.デスモプレシンを投与する。

4.プレドニゾロンを投与する。

5.チアマゾールを投与する。

 

 

正解 (3)

 

中枢性尿崩症とは

バソプレシン分泌障害です。

 

バソプレシンは

抗利尿ホルモンです。

尿が出るのを抑えるホルモンです。

 

このホルモンが、少なくなるため

尿が抑えられず、どんどん堰が崩れたように

尿が出る、という疾患です。

 

治療としては

合成バソプレシンアナログである

デスモプレシンを投与します。

 

ペプチドであるため

経口では分解されるため

点鼻スプレーが用いられていました。

現在は

経口のOD錠(ミニリンメルト)もあります。

 

 

以上より、正解は 3 です。

 

 

類題 101-59


追加したガジェットは無効です