国試103回 問61~65



61

 

アレルギー性鼻炎に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1.鼻粘膜のⅡ型アレルギー性疾患である。

2IgE抗体が関与している。

3.ハウスダストやダニは季節性アレルギー性鼻炎の原因である。

4.花粉症の原因としてヒノキ花粉が最も多い。

5.アレルゲン免疫療法は即効性がある。

 

 

この問題の解説へ

 


 

62

 

アトピー性皮膚炎の初期治療として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルの外用

2.プレドニゾロンの内服

3.タクロリムス水和物の内服

4.フェキソフェナジン塩酸塩の内服

5.ルリコナゾールの外用

 

 

この問題の解説へ

 


 

63

 

白内障に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1.若い女性に好発する。

2.発症の最大のリスク因子は喫煙である。

3.無痛性の視力低下を伴う。

4.水晶体の混濁は薬物治療で完治できる。

5.副腎皮質ステロイド薬の内服が有効である。

 

 

この問題の解説へ

 


 

64

 

関節リウマチに関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1.自己免疫疾患である。

2.罹患率は男性が女性に比べて高い。

3.多様な関節外症状を呈する。

4.関節炎は多発性で対称性である。

5.早期診断に抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体の検査が有用である。

 

 

この問題の解説へ

 


 

65

 

重症筋無力症に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1.アセチルコリンに対する自己抗体が産生される。

220代から40代の女性に好発する。

3.筋力低下に日内変動がある。

4.副腎皮質ステロイド薬による治療が行われる。

5.重症例では、呼吸筋麻痺を起こす。

 

 

この問題の解説へ

 


 

前の問題・・問61~65の解説・・次の問題

 

前の解説・・目次に戻る・・次の解説