国試103回 解説62



62

 

アトピー性皮膚炎の初期治療として適切なのはどれか。1つ選べ。

 

1.ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルの外用

2.プレドニゾロンの内服

3.タクロリムス水和物の内服

4.フェキソフェナジン塩酸塩の内服

5.ルリコナゾールの外用

 

 

正解 (1)

 

アトピー性皮膚炎は

Ⅰ型及びⅣ型アレルギーが

混合して関与しているとされています。

 

症状としての炎症を抑えたうえで

適切なスキンケアと、皮膚への刺激を減らすことが

治療の中心となります。

 

 

抗炎症外用薬と

保湿外用薬による治療が

初期治療として適切です。

 

選択肢 2~4 は、内服なので

適切ではないと考えられます。

 

 

選択肢 5 ですが

ルリコナゾール(ルリコン)は

抗真菌剤です。

アトピー性皮膚炎の初期治療として

適切ではありません。

 

 

以上より、正解は 1 です。

 

 

類題 102-62