国試103回 解説63



63

 

白内障に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 

1.若い女性に好発する。

2.発症の最大のリスク因子は喫煙である。

3.無痛性の視力低下を伴う。

4.水晶体の混濁は薬物治療で完治できる。

5.副腎皮質ステロイド薬の内服が有効である。

 

 

正解 (3)

 

白内障=水晶体の混濁 です。

様々な因子の関連が指摘されていますが

加齢に伴い段々と発症する確率は高くなります。

最も大きな要因は加齢です。

 

よって、選択肢 1,2 は誤りです。

 

 

選択肢 3 は、正しい記述です。

 

 

選択肢 4 ですが

この試験時点において

薬物治療によって白内障を「治す」ことは

できません。

 

あくまでも薬物治療は

進行を遅くするかもしれない というものです。

よって、選択肢 4 は誤りです。

 

 

選択肢 5 ですが

ステロイドなどの薬は白内障の

リスク因子として知られています。

治療薬としては用いられません。

よって、選択肢 5 は誤りです。

 

 

以上より、正解は 3 です。

 

 

類題 100-191