国試103回 解説64



64

 

関節リウマチに関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1.自己免疫疾患である。

2.罹患率は男性が女性に比べて高い。

3.多様な関節外症状を呈する。

4.関節炎は多発性で対称性である。

5.早期診断に抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体の検査が有用である。

 

 

正解 (2)

 

関節リウマチは

自己免疫疾患の1つであり

関節の慢性炎症です。

III 型アレルギーに分類される滑膜炎です。

 

女性の罹患率が男性よりも多いです。

これは、自己免疫疾患一般に通じる特徴です。

 

従って、誤っている選択肢は 2 です。

以上より、正解は 2 です。

 

 

ちなみに

「関節外症状」とは

全身の血管や臓器といった

関節以外の部分についての

症状のことです。

 

 

参考 薬理3-6 2)

類題 98-64