国試103回 解説65



65

 

重症筋無力症に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 

1.アセチルコリンに対する自己抗体が産生される。

220代から40代の女性に好発する。

3.筋力低下に日内変動がある。

4.副腎皮質ステロイド薬による治療が行われる。

5.重症例では、呼吸筋麻痺を起こす。

 

 

正解 (1)

 

選択肢 1 ですが

重症筋無力症とは

アセチルコリン「受容体」等に対する

抗体が産生されることにより

 

神経筋伝達系が障害され

筋力低下、易疲労性があらわれる

難病の一種です。

 

従って

「アセチルコリン」に対する自己抗体が

産生されるわけではありません。

よって、誤っている選択肢は 1 です。

 

以上より、正解は 1 です。