国試103回 解説75



75

 

薬害エイズの原因となった非加熱濃縮血液製剤を用いて治療されていた疾患はどれか。1つ選べ。

 

1.血友病

2.マラリア

3C型肝炎

4.多発性骨髄腫

5.ハンセン病

 

 

正解 (1)

 

薬害エイズの原因となった

非加熱製剤による治療対象は

血友病です。

 

従って、正解は 1 です。

 

 

ちなみに

マラリアと関連する薬害としては

抗マラリア薬として開発された

クロロキンによる網膜症が知られています。

 

 

C型肝炎は

血液製剤による感染が知られています。

 

 

多発性骨髄腫 

及びハンセン病については

かつてサリドマイドが

アザラシ肢症を引き起こしたのですが

 

近年

多発性骨髄腫

及びハンセン病の治療薬として

再評価されているという話題があります。