問96-4 解説



問4

原子の性質に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 硫黄、酸素、炭素、窒素のうち
最も電気陰性度が大きな原子は酸素である。

b イオン化エネルギーが大きい原子ほど
陽イオンになりやすい。

c 希ガス以外の原子においては
電子親和力が大きい原子ほど陰イオンになりやすい。

d 硝酸中の窒素の酸化数は、+4である。


1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
電気陰性度とは、原子の、電子をひっぱる強さの指標です。
周期表において、右上ほど、大きい傾向があります。
記述の元素の中では、酸素(O)が最大(3.5)です。


ちなみに
全ての原子の中では、F (フッ素)が最大(4.0)です。
又、記述における他の元素ですが
S は、2.5 C は、2.5 N は3.0 です。


よって、記述 a は正しいです。



記述 b ですが
イオン化エネルギーとは
電子を 1 個 失い、陽イオンになるのに必要なエネルギーです。
つまり、このエネルギーが、小さいほど、陽イオンになりやすい
といえます。


イオン化エネルギーが大きい原子ほど
陽イオンになりやすいわけではありません。


よって、記述 b は誤りです。



記述 c ですが
電子親和力とは、電子の受け取りやすさです。
つまり、電子親和力が大きいほど、電子を受け取って
陰イオンになりやすいといえます。


よって、記述 c は正しいです。



記述 d ですが
硝酸の化学式は HNO
3 です。


そして、酸化数計算のルールは
1:化学式中の、各元素の酸化数の和は、0
2:H は、原則、 +1
3:Oは、原則 、-2
です。


よって、Nの酸化数を Xn とすると
+1 + Xn +(-2)× 3 = 0
が成立するはずです。 


これを解くと、Xn = +5 です。
+4ではありません。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , c)です。


正解は 2 です。



問題へ戻る