問96-26 解説



問26

ガスクロマトグラフィー(GC)に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 移動相が気体であるため
固定相との吸着・分配平衡に達する時間が短く
高い分離能が得られる。

b 熱伝導度検出器を使用する場合には
熱伝導度の大きいヘリウムや水素などを
キャリヤーガスとして用いる。

c 水素炎イオン化検出器は
有機ハロゲン化合物に高い選択性を示す検出器である。

d 質量分析計(MS)を検出器とする GC - MS は
タンパク質などの高分子化合物
及び難揮発性物質の分析に適している。

1(a、b)
 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
ガスクロマトグラフィーの移動相は、気体です。
固定相との吸着などにかかる時間は
短いです。
又、高い分離能が特徴です。


よって、記述 a は正しいです。



記述 b ですが
熱伝導度検出器のキャリアーガスには
熱伝導度の大きいヘリウムや水素などを
用います。


よって、記述 b は正しいです。



記述 c ですが
水素炎イオン化検出器は
ほぼ全ての有機化合物を検出できます。


有機ハロゲン化合物に高い選択性を示すのは
電子捕獲型検出器です。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
GC-MS の「GC」とは
ガスクロマトグラフィーの頭文字です。


そして、ガスクロマトグラフィーでは
サンプル及び移動相が気体です。
難揮発性(気体になりにくい)物質の分析には
適していません。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しい記述は
(a , b)です。


正解は 1
です。



問題へ戻る