問96-29 解説



問29

試料の前処理法に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 溶媒抽出法では
アセトニトリル、メタノールなどの有機溶媒が用いられる。

b 逆相型の固相抽出法では
一般にクロロホルム、トルエンなどの有機溶媒が用いられる。

c 除タンパクには
タンパク質変性沈殿法、限外ろ過法などが用いられる。

d 試料中の有機物の分解には
乾式灰化法、湿式灰化法などが用いられる。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
溶媒抽出法の代表例は
分液ろうとでバシャバシャやる分離です。

水(水層)と、ベンゼンやクロロホルム(有機層)
で行います。

物質の、水層及び有機層への分配の違いを利用して
抽出する方法です。


アセトニトリルやメタノールのように極性が高い物質だと
水に溶けちゃうので、全体が混ざってしまって抽出できません。


よって、記述 a は誤りです。



記述 b ですが
固相抽出とは、固定相の間を溶液を通過させることで
固定相への親和性の違いに基づき、分離・抽出を行う方法です。


逆相ときたら、固定相が、非極性です。
流す溶液が、極性の高い溶媒に溶けたサンプルです。


クロロホルムやトルエンは
極性がほとんどなく、逆相の固相抽出では
用いません。


よって、記述 b は誤りです。



記述 c , d はその通りの記述です。


除タンパクとは
サンプルに含まれる余計なタンパク質を取り除く行為です。
HPLCの前処理などで行います。


タンパク質変性沈殿法とは
エタノールなどの沈殿剤を加えて撹拌することで
タンパク質を変性、沈殿させることで取り除く方法です。


限外ろ過法とは、ろ過膜付きの容器で遠心分離をすることで
タンパク質を取り除く方法です。

アミコンウルトラやアミコンプロ (製品名)を用いて
実験でやったことがある人もいるのではないでしょうか。



有機物の分解を目的に行われるのが、灰化法です。
試料を酸化させます。


乾式灰化とは、空気中で燃焼させる方法です。
湿式灰化とは、過塩素酸等を用いる方法です。



以上より、正しいものの組み合わせは
(c , d)です。


正解は 6
です。



問題へ戻る