問96-42 解説


問42

糖質に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a リボースは、アルドヘキソースである。

b N-アセチル-D-グルコサミンは、細菌のペプチドグリカンの構成成分である。

c  N-アセチルノイラミン酸は、糖タンパク質や糖脂質に含まれる。

d ラクトースは、β-ガラクトシダーゼにより
D-ガラクトース及び D-マンノースに加水分解される。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
リボースは五炭糖(ペントース)です
構造は、以下の通りです。





したがって、ヘキソース(六炭糖)ではありません。
よって、記述 a は誤りです。


なお、単糖の中で
アルデヒド基(-CHO)を持つものをアルドース
ケト基(-C=O)を持つものをケトースと呼びます。

リボースは、
鎖状構造においてアルデヒド基を持つため
アルドペントースに分類されます。



記述 b , c は
その通りの記述です。



記述 d ですが
ラクトースは、二糖類の一種です。
分解されると、グルトースと、ガラクトースになります。
マンノースでは、ありません。


参考) 代表的な二糖類
(マルトース、スクロースについて 
生化まとめました(2) 1-2 2) へ)


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(b , c)です。


正解は 4
です。



問題へ戻る