問96-47 解説



問47

消化器系に関する記述の正誤について
正しい組合せはどれか。

a 交感神経刺激により、粘稠性の高い唾液が分泌される。

b 胃底腺の壁細胞は
アセチルコリン M1 受容体をもち
この受容体を介するホスホリパーゼCの活性化により
胃酸分泌が促進される。

c S細胞がセクレチンを内分泌すると
膵液の分泌が促進される。

d 肝臓は、脂肪の消化と吸収を促進する
胆汁色素を回腸に排出する。

  a  b  c  d
1 正 誤 正 誤
2 誤 正 誤 正
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 正 誤
5 正 正 誤 誤



記述 a ですが
この通りの記述です。


唾液は、大きく2種類に分類されます。
すなわち、量が多めでさらさらした唾液と
量が少なめでねばねばした唾液です。

居眠りした時の唾液を考えると
さらさらしてたっぷりだと思います。
これが、量が多め、さらさら唾液です。

眠っている時は、副交感神経優位な場合の代表例です。
つまり、量が多めでさらさらした唾液は
副交感神経の刺激により分泌されます。


逆に、量が少なめでねばねばした唾液は
交感神経の刺激により分泌されます。

性質の違いは、含まれる成分の違い
具体的には糖タンパク質の量などにより
生じています。



記述 b ですが
壁細胞に主に発現しているのは、M3 受容体です。


ちなみに、M受容体は、Gq タンパク質共役型です。
ホスホリパーゼ C 活性化により、というのは正しいです。



記述 c は
その通りの記述です。




記述 d ですが
胆汁は、十二指腸に排出されます。
回腸では、ありません。


参考) 胃、小腸、大腸の機能と構造
(生化学まとめました(1) 1-7 1))




以上より、正しい組み合わせは
正誤正誤 です。


正解は 1 です。





問題へ戻る