問96-54 解説



問54

遺伝子の翻訳に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 真核細胞のリボソームは
40S と 60S のサブユニットから構成される。

b 大腸菌の翻訳開始因子であるIF-2は
ATP 結合タンパク質である。

c 終止コドンは3種類存在する。

d サプレッサー tRNA は
終止コドンを認識してリボソームの
P サイトにアミノ酸を運ぶ tRNA である。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


記述 a ですが
その通りの記述です。


記述 b ですが
IF-2 とは、大腸菌の翻訳開始因子です。
GTP結合タンパク質です。
ATP結合タンパク質では、ありません。


よって、記述 b は誤りです。



記述 c ですが
その通りの記述です。
すなわち、UAA、UAG、UGA の3種です。



記述 d ですが
サプレッサー tRNA は
アンチコドン配列が
終止コドンと相補的な配列をもつ tRNA です。

終止コドンを認識して
リボソームの A サイトに結合する tRNA です。
P-サイトでは、ありません。


ちなみに
リボソームには、活性中心に
AサイトとPサイトがあります。
A-サイトには、次のアミノ酸を結合した t RNA が結合します。
P-サイトには、伸長中のペプチドが結合した tRNA が結合します。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , c)です。


正解は 2
です。


問題へ戻る