問96-55 解説



問55

生体内のイオンに関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 小胞体は、Ca2+ 貯蔵部位として機能している。

b 細胞内 Ca2+ は、カルシウム結合タンパク質を介して作用を発現する。

c 血漿中などの細胞外 Ca2+ 濃度は、約 0.3 mmol/L であるが
細胞内ではそれより極めて低い濃度に維持されている。

d 細胞外の K+ 濃度は、ATPの水解エネルギーを利用して
細胞内に比べて高く保たれている。

1(a、b)
 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a , b は、そのとおりの記述です。


記述 c ですが
細胞外は 大体 10 -3 mol/L 以上
つまり、 1 mmol/L 以上程度に保たれています。
0.3mmol/L は、少し低すぎです。

細胞内では、その約1万分の1と極めて低く保たれています。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
K+濃度は、細胞外の方が、低く保たれています。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , b)です。


正解は 1
です。



問題へ戻る