問96-56 解説



問56

エイコサノイドに関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a エイコサノイドの代謝は速やかであるため
その作用は産生局所にとどまり、全身に波及することは少ない。

b シクロオキシゲナーゼ (COX) のアイソザイムであるCOX-2は
発現誘導を受けにくい構成型酵素である。

c エイコサノイドは、細胞内に貯蔵されず、刺激に応じて産生される。

d アラキドン酸とエイコサペンタエン酸は、炭素数が1つ異なる。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


エイコサノイドとは、炭素数20の
生理活性物質の総称です。

代表的なエイコサノイドは
プロスタグランジン、ロイコトリエン、トロンボキサンなどです。
アラキドン酸を出発物質として生成されます。



記述 a ですが
その通りの記述です。

刺激に応じて産生され、速やかに代謝されるのが
特徴です。



記述 b ですが
COX-2は、誘導型酵素と呼ばれます。

構成型酵素と呼ばれる
発現誘導を受けにくいCOXは
COX-1 です。

ちなみに、シクロオキシゲナーゼは
アラキドン酸を、プロスタグランジンなどに代謝する
酵素です。


よって、記述 b は誤りです。



記述 c ですが
この通りの記述です。



記述 d ですが
アラキドン酸及び、エイコサペンタエン酸は
共に炭素数が20です。

違いは、不飽和結合の数です。
アラキドン酸は、不飽和結合が4個です。
エイコサペンタエン酸は、不飽和結合が5個です。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , c)です。


正解は 2
です。



問題へ戻る