問96-110 解説



問110

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(以下「機構」という)
に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 機構の業務には
生物由来製品を介した感染等による健康被害の救済に関する業務がある。

b 機構が行う安全対策等業務に必要な費用の一部は
企業からの拠出金によって賄われる。

c 薬局で購入した一般用医薬品による副作用は
機構による副作用救済給付の対象とならない。

d 副作用救済給付の請求のあった者に係る疾病、障害又は死亡が
医薬品の副作用によるものであるかどうかの判定は
機構理事長が行う。

1(a、b)
 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


記述 a,b は記述の通りです。



記述 c ですが
一般医薬品による副作用も
機構による、副作用救済給付の対象となります。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
医学薬学的判定を要する事項については
薬事・食品衛生審議会の意見を聴いた上で
厚生労働大臣が判定を行います。

つまり
機構では、判定を行っていない、ということです。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , b)です。


正解は 1
です。



問題へ戻る