衛生薬学 問71~問80


問71

疫学の症例対照研究に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 一般に、後ろ向き調査として行われる。

 b 要因の暴露情報の偏り(バイアス)は小さく、信頼度は高い。

 c 相対危険度の近似値を求めることができる。

 d 寄与危険度を直接算出できる。

 e 発生がまれな疾患の調査に適用できる。

  1(a、b、d) 2(a、b、e) 3(a、c、e) 4(b、c、d) 5(c、d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問71 解説へ


問72

我が国の死亡に関する指標の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 現在の粗死亡率(人口1,000対)は、20を超えている。

 b 年齢調整死亡率で用いる基準人口に比べて老年人口が多い地域では、一般に粗死亡率は年齢調整死亡率より大きい。

 c 早期新生児死亡は、先天的要因によることが多い。

 d 20歳以上のすべての年齢階級で、死因別死亡率の第1位は悪性新生物である。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問72 解説へ


問73

学校保健安全法に基づく学校薬剤師の役割に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a 環境衛生の維持に関し、指導を行う。

 b 保健指導に従事する。

 c 健康相談に従事する。

 d 健康診断に従事する。

   a  b  c  d
 1 正 正 誤 誤
 2 正 誤 正 正
 3 誤 誤 誤 正
 4 正 正 正 誤
 5 誤 正 誤 正
 6 誤 誤 正 誤


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問73 解説へ


問74

蚊によって媒介されるウイルス感染症として、正しいものの組合せはどれか。

 a 水痘

 b デング熱

 c ウエストナイル熱

 d マラリア

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問74 解説へ


問75

我が国において、予防接種に弱毒性の生ワクチンが用いられている感染症として、正しいものの組合せはどれか。

 a 百日咳

 b B型肝炎

 c 風疹

 d 結核

 e インフルエンザ

  1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 4(c、d) 5(d、e) 


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。


問75 解説へ


問76

感染症法に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a エボラ出血熱は一類感染症に分類され、その患者や無症状病原体保持者は、原則として入院等の措置がとられる。

 b ペストは二類感染症に分類され、その病原体は細菌である。

 c コレラは三類感染症に分類され、その患者や無症状病原体保持者は、原則として就業制限等の措置がとられる。

 d B型及びC型の肝炎は四類感染症に分類され、動物や飲食物を介して人に感染する。

 e 指定感染症とは、一類感染症から三類感染症に分類されない既知の感染症であっても、一類から三類に準じた対応の必要性が生じた場合に、政令により1年間の限定で指定されたものをいう。

(注)感染症法:感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

  1(a、b、c) 2(a、b、d) 3(a、c、e) 4(b、d、e) 5(c、d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問76 解説へ


問77

発癌のリスクに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 身体活動は、胃癌のリスクを下げる。

 b 飲酒は、肺癌のリスクを上げる。

 c 肥満は、大腸癌のリスクを上げる。

 d ヒトパピローマウイルスの感染は、子宮頸癌のリスクを上げる。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


正解 6 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問77 解説へ


問78

食品用の器具・容器包装又はこれらの原材料と規制対象物質の対応として、正しいものの組合せはどれか。

器具・容器包装又はこれらの原材料規制対象物質
a陶磁器鉛とカドミウム
b缶詰用金属缶に使用するハンダカドミウム
c油脂又は脂肪性食品を含有する食品に接触する器具・容器包装に使用するポリ塩化ビニルフタル酸ビス ( 2-エチルヘキシル)
dポリカーボネートメタクリル酸メチル

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問78 解説へ


問79

化学物質とその代謝的活性化に関与する酵素の対応のうち、正しいものの組合せはどれか。

   化学物質             酵素

 a フェナセチン ------------------ シトクロムP450

 b ジクロルボス ------------------ アセチルコリンエステラーゼ

 c コカイン ----------------------- β-クルクロニダーゼ

 d 2-アミノフルオレン ---------  N-アセチルトランスフェラーゼ

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問79 解説へ


問80

化学物質の臓器・組織への分布に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

 a メチル水銀は、システイン抱合体となり、中性アミノ酸トランスポーターを介して脳内に取り込まれる。

 b パラコ一トは、ポリアミントランスポーターを介して、血液から肺に選択的に取り込まれる。

 c P-糖タンパク質(MDR1)は、水溶性が高い化学物質を選別して組織内への分布を阻止する。

   a  b  c 
 1 正 誤 正
 2 正 正 誤
 3 誤 正 誤
 4 誤 正 正
 5 誤 誤 正
 6 正 誤 誤


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問80 解説へ