問96-77 解説


問77

発癌のリスクに関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 身体活動は、胃癌のリスクを下げる。

b 飲酒は、肺癌のリスクを上げる。

c 肥満は、大腸癌のリスクを上げる。

d ヒトパピローマウイルスの感染は、子宮頸癌のリスクを上げる。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



代表的な、発がんリスクと、対応するガンとしては
  • 喫煙、アスベスト→肺がん
  • 飲酒、喫煙→食道がん
  • B、C型肝炎ウイルス、飲酒→肝がん
  • 食塩、H.Pylori菌→胃がん
  • 紫外線→皮膚がん
  • 高脂肪食、肥満→大腸がん
  • ヒトパピローマウイルス→子宮頸がん

などがあります。



以上をふまえた上で
判断しやすい記述 b ~ d から解説します。



記述 b ですが
飲酒は、肺がんのリスクを上げるものでは、ありません。

よって、記述 b は誤りです。



記述 c , d は正しいです。



記述 a ですが 
身体活動により肥満が解消されて
大腸癌のリスクを下げることは考えられますが
胃がんのリスクを下げるとは考えられません。


よって、記述 a は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(c , d)です。


正解は 6
です。



問題へ戻る