問96-87 解説



問87

有害物質とそれによる特徴的な障害との対応のうち
正しいものの組合せはどれか。

有害物質            障害

a アスベスト -------------------------- 中皮腫

b 塩化ビニルモノマー --------------- 肝血管肉腫

c アクリルアミドモノマー --------- 造血機能障害

d トリブチルスズオキシド -------- 鼻中隔穿孔

1(a、b)
 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
アスベストによる、特徴的な障害は
肺線維症や、悪性中皮腫です。


よって、記述 a は正しいです。



記述 b ですが
塩化ビニルモノマーによる、特徴的な障害は
悪性腫瘍の一種である、肝血管肉腫です。


よって、記述 b は正しいです。



記述 c ですが
アクリルアミドモノマーによる、特徴的な障害は
末梢神経障害です。


ちなみに
造血機能障害が特徴的な障害である有害物質は
ベンゼンです。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
トリブチルスズオキシドによる、特徴的な障害は
環境ホルモン様作用による、免疫系への毒性です。


ちなみに
鼻中隔穿孔が特徴的な障害である有害物質は
六価クロムです。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , b)です。


正解は 1
です。



問題へ戻る