問96-91 解説




問91

自然環境中における
窒素循環に関する記述の正誤について
正しい組合せはどれか。

a 硝化は、好気的条件下で進行する。
b 脱窒により、温室効果ガスが産生される。
c 窒素固定は、マメ科植物により行われる。

  a  b  c 
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 誤
4 誤 正 誤
5 誤 誤 正



記述 a ですが、硝化とは
アンモニア( NH
)が、微生物により
硝酸イオン(NO
)に酸化されることです。

反応は、好気的、つまり酸素存在下によって
進行します。


よって、記述 a は正しいです。



記述 b ですが
脱窒とは
窒素化合物を、分子状窒素( N
2 )として
大気中へ放散させることです。
この過程において、 N
2O が産生されます。


温室効果ガスとは
CO
、メタン、NO などのことです。
N
O は、実に、CO2 
約 300倍強力な温室効果ガスです。


よって、記述 b は、正しいです。



記述 c ですが
窒素固定とは
空気中の、安定な窒素分子を
反応性の高い他の窒素化合物へと
変換することです。


主に、マメ科植物に寄生する
根粒菌と呼ばれる細菌などによって行われます。
マメ科植物によって行われるわけではありません。


よって、記述 c は誤りです。



以上より、正しい組み合わせは、正正誤です。

正解は 2
です。


参考)
亜酸化窒素発生させる酵素の立体構造解明の記事 
(まぁまぁ最近の話!)