問96-94 解説


94

下水に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 下水道法では
家庭生活排水や産業排水は下水であるが
し尿や雨水は下水ではない。

b 大都市と中小市町村の間に
下水道処理人口普及率の大きな差はない。

c オキシデーションディッチ方式による下水処理では
活性汚泥でBODを除去する。

d 下水道は
水道水源水域の保全だけでなく
都市浸水対策にも重要である。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
し尿及び雨水も、下水と定められています。


よって、記述 a は誤りです。



記述 b ですが
下水道処理人口普及率とは
「下水道の、処理区域内人口」
=「下水道へ、生活排水を排除できるようになった人口」の
全人口に対する率です。

※ 実際の利用率では、ありません。


そして、下水道処理人口普及率には
参考のリンク先を見るとわかりますが
地域差が大きく存在します。


よって、記述 b は誤りです。


参考)都道府県別下水道処理人口普及率 (H25年度分)



記述 c ですが
オキシデーションディッチ法による下水処理では
活性汚泥を使用します。
活性汚泥により、BOD (溶解性汚濁物)を除去します。


記述 c は正しいです。



記述 d ですが
これは記述の通りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(c , d)です。


正解は 6
です。



問題へ戻る