医療薬学1 問121~問130



問121 

化学伝達物質の構造式、作用、その作用を発現する受容体の遮断薬の

対応のうち、正しいものの組合せはどれか。



1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 4(c、d) 5(d、e) 


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問121 解説へ


問122

交感神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a エフェドリンは、節後線維終末からのノルアドレナリン遊離を促進するとともに、アドレナリンβ2受容体を直接刺激し、気管支平滑筋を弛緩させる。

 b クロニジンは、節後線維終末のアドレナリンα2受容体を刺激し、ノルアドレナリン遊離を促進する。

 c チラミンは、節後線維終末においてシナプス小胞からのノルアドレナリン遊離を促進する。

 d フェニレフリンは、アドレナリンα1受容体を刺激し、アドレナリンより持続的に血圧を上昇させる。

 e ラベタロールは、アドレナリンα1受容体を遮断して血圧を低下させるが、血圧降下による反射性頻脈を起こしやすい。

  1(a、b、c) 2(a、b、e) 3(a、c、d) 4(b、d、e) 5(c、d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問122 解説へ



問123

コリンエステラーゼに関連する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a ネオスチグミンは、末梢においてコリンエステラーゼを可逆的に阻害し、術後腸管麻痺や膀胱麻痺を改善する。

 b ジスチグミンは、点眼により眼内のコリンエステラーゼを阻害し、眼房水の産生を抑制して眼圧を低下させる。

 c プラリドキシム (PAM) は、コリンエステラーゼ分子に結合した有機リン化合物を解離させて、コリンエステラーゼを再賦活化する。

 d エドロホニウムは、コリンエステラーゼのエステル部位と強固に結合し、コリンエステラーゼを持続的に阻害する。

  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


正解 2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問123 解説へ



問124

末梢神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a プロカインは、エステル型の局所麻酔薬で、知覚神経の軸索内で陽イオン型となり電位依存性Na+チャネルを遮断する。

 b コカインは、アミド型の局所麻酔薬で、知覚神経の神経軸索の外側から作用して電位依存性Na+チャネルを遮断する。

 c パンクロニウムは、ステロイド構造を有する競合的筋弛緩薬で、ツボクラリンよりも筋弛緩作用は強力である。

 d スキサメトニウムは、第1相において神経筋接合部終板のニコチン性アセチルコリン受容体を刺激し、持続的脱分極を引き起こす。

 e ダントロレンは、運動神経の興奮伝導を抑制し、神経終末からのアセチルコリン遊離を抑制する。

  1(a、b、c) 2(a、b、e) 3(a、c、d) 4(b、d、e) 5(c、d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問124 解説へ



問125

麻酔薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a 亜酸化窒素は、酸素欠乏症を起こしやすい。

 b プロポフォールは、麻酔の導入及び覚醒が速やかであり、持続点滴静注することで長時間の麻酔の維持が可能となる。

 c チオペンタールは、代謝及び排泄が速やかなため、作用持続時間が短い。

 d セボフルランは、ハロタンに比べ心筋のカテコールアミンに対する感受性増大作用が強い。

 e 全身麻酔薬は、脊髄の抑制に先立って延髄を抑制するものが望ましい。

  1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 4(c、d) 5(d、e)


正解 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問125 解説へ



問126

抗うつ薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a トラゾドンは、セロトニン再取り込み阻害作用とセロトニン5-HT1受容体刺激作用をもつ。

 b ミアンセリンは、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用とセロトニン5-HT2A受容体刺激作用をもつ。

 c マプロチリンは、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用をもつが、セロトニン再取り込み阻害作用はほとんどない。

 d ミルナシプランは、セロトニン及びノルアドレナリンの再取り込みを選択的に阻害する。

 e パロキセチンは、ノルアドレナリン神経終末の自己受容体を遮断し、ノルアドレナリン遊離を促進する。

  1(a、b、c) 2(a、b、e) 3(a、c、d)  4(b、d、e) 5(c、d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問126 解説へ



問127

鎮痛薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a モルヒネは、瞳孔括約筋に直接作用し、縮瞳を引き起こす。

 b ペンタゾシンは、オピオイドμ受容体には完全刺激薬として、オピオイドκ受容体には部分刺激薬として作用する。

 c フェンタニルは、オピオイドκ受容体を選択的に刺激し、モルヒネよりも強力な鎮痛作用を示す。

 d ブプレノルフィンは、オピオイドμ受容体に対して部分刺激薬として作用し、モルヒネに対する拮抗作用も示す。

 e ペチジンは、オピオイドμ受容体刺激を介した鎮痛作用に加えて、鎮痙作用を有する。

  1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 4(c、d) 5(d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問127 解説へ



問128

中枢神経に作用する薬物、作用機序、臨床適応の対応のうち、正しいものの組合せはどれか。

薬物作用機序臨床適応
aドネペジルコリンアセチルトランスフェラーゼ阻害アルツハイマー型認知症
bメチルフェニデートグルタミン酸NMDA受容体刺激ナルコレプシー
cバクロフェンGABAA受容体遮断てんかん欠神発作
dエダラボンフリーラジカル消去脳梗塞急性期に伴う神経症候
eファスジルミオシン軽鎖リン酸化阻害くも膜下出血術後の脳血管れん縮

  1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 4(c、d) 5(d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問128 解説へ



問129

免疫抑制薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a バシリキシマブは、ヒトインターロイキン-2受容体に対するモノクローナル抗体で、T細胞の増殖・分化を抑制する。

 b シクロホスファミドは、アルキル化によりDNA合成を阻害し、リンパ球増殖を抑制する。

 c シクロスポリンは、抗原刺激によるB細胞の増殖反応を選択的に抑制し、臓器移植の際の拒絶反応を防止する。

 d タクロリムスは、カルシニューリンを活性化し、インターロイキンなどのサイトカイン産生を抑制する。

 e ミゾリビンは、高分子核酸 (DNA、RNA) に取り込まれることにより、免疫細胞の増殖を抑制する。

  1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 4(c、d) 5(d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問129 解説へ



問130

抗アレルギー薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a クロモグリク酸ナトリウムは、ヒスタミンH1受容体を遮断し、抗アレルギー作用を示す。

 b オロパタジンは、血液-脳関門を通過しやすいので、抗アレルギー作用のほかに強力な鎮静作用を示す。

 c アンレキサノクスは、肥満細胞からのケミカルメディエーター遊離を抑制する。

 d ジフェンヒドラミンは、ヒスタミンH1受容体を遮断し、アレルギー症状以外に動揺病(乗り物酔い)に用いられる。

 e セラトロダストは、トロンボキサンA2合成酵素を選択的に阻害し、アレルギー性鼻炎を抑制する。

  1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 4(c、d) 5(d、e)


正解 
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。

問130 解説へ