問96-129 解説



問129

免疫抑制薬に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a バシリキシマブは
ヒトインターロイキン-2受容体に対するモノクローナル抗体で
T 細胞の増殖・分化を抑制する。

b シクロホスファミドは
アルキル化により DNA 合成を阻害し
リンパ球増殖を抑制する。

c シクロスポリンは
抗原刺激によるB細胞の増殖反応を選択的に抑制し
臓器移植の際の拒絶反応を防止する。

d タクロリムスは
カルシニューリンを活性化し
インターロイキンなどのサイトカイン産生を抑制する。

e ミゾリビンは
高分子核酸 (DNA、RNA) に取り込まれることにより
免疫細胞の増殖を抑制する。

1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 
4(c、d) 5(d、e)



記述 a、b はこの通りの記述です。



記述 c ですが
シクロスポリンは
主としてT細胞による、インターロイキン-2などの
サイトカイン産生を阻害することにより
免疫抑制作用を有します。


具体的には
細胞内結合タンパクである、シクロフィリンと複合体を形成し
T 細胞活性化のシグナル伝達において重要な役割を果たしている
カルシニューリンに結合することにより
活性化を抑制するという作用機序です。
カルシニューリンインヒビターとも呼ばれます。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
カルシニューリンを活性化ではなく
カルシニューリンを阻害します。


よって、記述 d は誤りです。



記述 e ですが
ミゾリビンは、核酸アナログ(類似体)です。

核酸合成に関わる酵素を阻害することで
DNA、RNA合成を抑制します。
DNA、RNAに取り込まれるわけではありません。


よって、記述 e は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , b)です。


正解は 1 です。