問96-126 解説



問126

抗うつ薬に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a トラゾドンは、セロトニン再取り込み阻害作用とセロトニン5-HT1受容体刺激作用をもつ。

b ミアンセリンは、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用とセロトニン5-HT2A受容体刺激作用をもつ。

c マプロチリンは、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用をもつが、セロトニン再取り込み阻害作用はほとんどない。

d ミルナシプランは、セロトニン及びノルアドレナリンの再取り込みを選択的に阻害する。

e パロキセチンは、ノルアドレナリン神経終末の自己受容体を遮断し、ノルアドレナリン遊離を促進する。

1(a、b、c) 2(a、b、e) 3(a、c、d)  
4(b、d、e) 5(c、d、e)



記述 a ですが
トラゾドン(レスリン、デジレル)は
非三環系抗うつ薬です。


作用機序が、色々あります。
セロトニン再取り込み阻害作用に加え
活性代謝物により、 5-HT
1 受容体の部分作動薬
及び、5-HT
2 受容体の拮抗薬として作用します。


よって、記述 a は正しいです。



記述 b ですが
ミアンセリンは、四環系抗うつ薬です。


α
2 受容体遮断による
ノルアドレナリン遊離促進が主な作用機序です。
再取り込み阻害では、ありません。


よって、記述 b は誤りです。



記述 c ですが
マプロチリンは、四環系抗うつ薬です。


ノルアドレナリンの再取り込み阻害により、抗うつ作用を示します。
セロトニン再取り込み阻害作用は、知られていません。


よって、記述 c は正しいです。



記述 d ですが
ミルナシプランは、SNRI です。
セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込みを
選択的に阻害します。


よって、記述 d は正しいです。



記述 e ですが
パロキセチンは SSRI です。
選択的に、セロトニン再取り込みを阻害します。
ノルアドレナリンの遊離促進では、ありません。


よって、記述 e は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , c , d)です。


正解は 3 です。



問題へ戻る