問96-127 解説



問127

鎮痛薬に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a モルヒネは
瞳孔括約筋に直接作用し、縮瞳を引き起こす。

b ペンタゾシンは
オピオイドμ受容体には完全刺激薬として
オピオイドκ受容体には部分刺激薬として作用する。

c フェンタニルは
オピオイドκ受容体を選択的に刺激し
モルヒネよりも強力な鎮痛作用を示す。

d ブプレノルフィンは
オピオイドμ受容体に対して部分刺激薬として作用し
モルヒネに対する拮抗作用も示す。

e ペチジンは
オピオイドμ受容体刺激を介した鎮痛作用に加えて
鎮痙作用を有する。


1(a、b) 2(a、e) 3(b、c) 
4(c、d) 5(d、e)



記述 a ですが
モルヒネは、代表的な麻薬性鎮痛薬です。
代表的な副作用として、催吐作用や縮瞳作用があります。
縮瞳作用は、中脳の動眼神経核の
κ受容体の刺激により作用がおきます。
瞳孔括約筋に、直接作用するわけではありません。


よって、記述 a は誤りです。



記述 b ですが
ペンタゾシンは、非麻薬性鎮痛薬です。
κ受容体刺激作用を有します。
又、μ受容体を遮断する薬です。


よって、記述 b は誤りです。



記述 c ですが
フェンタニルは、代表的な麻薬性鎮痛薬です。
比較的選択的に、μ受容体に対して、作動薬として
働きます。
κ受容体を選択的に刺激するわけではありません。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが、ブプレノルフィンは
μ受容体部分作動薬です。
モルヒネに対して拮抗作用も有します。


よって、記述 d は正しいです。



記述 e ですが
ペチジンは麻薬性鎮痛薬です。
μ受容体刺激薬です。
鎮痙作用も有します。


よって、記述 e は正しいです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(d , e)です。


正解は 5
 です。



問題へ戻る