問96-138 解説



問138

消化器系に作用する薬物に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a インフリキシマブは
腫瘍壊死因子α(TNFα) の中和抗体で
中等度から重度のクローン病の治療に用いられる。

b ポリカルボフィルカルシウムは
腸内水分保持作用及び内容物輸送調節作用を示し
過敏性腸症候群の治療に用いられる。

c ラミブジンは
ウイルスの逆転写酵素を阻害し、C型肝炎の治療に用いられる。

d カモスタットは
脂質分解酵素を阻害し、急性膵炎及び慢性膵炎の急性増悪時に用いられる。

e ウルソデオキシコール酸は
胆汁酸を胆汁中に増加させ
外殻石灰化を認めないコレステロール胆石を溶解する。

1(a、b、c) 
2(a、b、e) 3(a、c、d) 
4(b、d、e) 5(c、d、e)



記述 a,b はその通りの記述です。




インフリキシマブは
抗ヒト TNF-α モノクローナル抗体です。
リウマチやクローン病などに適応があります。

クローン病とは、口から消化管までの全消化管における

原因不明の炎症性疾患です。



ポリカルボフィルカルシウムは、水分の調節を行う薬で
下痢にも便秘にも効果を示し、過敏性腸症候群の治療に
用いられます。



記述 c ですが
ラミブジンは、細胞内でリン酸化を受けて活性化し
DNA 合成を阻害したり、逆転写酵素を阻害することで
作用します。

C 型ではなく、B 型肝炎の治療に用いられます。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
カモスタットは、脂質分解酵素阻害ではなく
タンパク分解酵素阻害薬です。
急性膵炎や、慢性膵炎の治療に用いられます。


よって、記述 d は誤りです。



記述 e ですが
この通りの記述です。



参考)
(薬理まとめました 3-2 4) へ)
(薬理まとめました 3-2 5) へ)



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , b , e)です。


正解は 2
です。



問題へ戻る