96-152 解説



問152

薬物吸収に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 膜透過性が高い薬物ほど
小腸吸収過程において非攪拌水層の影響を大きく受ける。

b 多くの薬物の口腔粘膜吸収は
能動輸送によるものである。

c 肺から吸収された薬物は
肝初回通過効果を受けない。

d 皮膚における汗腺や毛穴などの付属器官は
多くの薬物の経皮吸収の主たる経路である。

1(a、b) 
2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)


記述 a ですが
小腸吸収過程は、2つの段階に分けられます。
すなわち
非撹拌水層透過の段階と、膜透過の段階です。


膜透過に関しては
細胞膜を通過できるか、ということなので
薬物の脂溶性が高いほど、膜透過性が高くなります。


一方で、非撹拌水層は、水層なので
脂溶性が高いと、拡散しづらくなります。
よって、膜透過性が高い薬物ほど
非撹拌水層の影響を大きく受ける
という記述は、正しいといえます。


記述 a は正しいです。



記述 b ですが
口腔からの薬物吸収は、主に受動拡散です。
能動輸送では、ありません。


よって、記述 b は誤りです。



記述 c ですが
肺からの吸収では
心臓を経て、直接血液循環にのります。
そのため、肝初回通過効果を受けません。


よって、記述 c は正しいです。



記述 d ですが
経皮吸収の主たる経路は、受動拡散による
角質層の通過です。

汗腺や毛穴などを通じた吸収は、わずかな割合の寄与しか
ありません。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しい組合せは
(a , c)です。



正解は 2
です。



問題へ戻る