問96-153 解説



問153

薬物のリンパ系への移行に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

 a リンパ液の流速は血流速度の数百分の一と遅いが

リンパ系を介する薬物の組織分布は血管系を介するものとほぼ等しい。


 b リンパ系に移行した薬物がもとのリンパ液中に戻り

循環を繰り返す可能性は低い。


 c 筋肉内に投与した薬物がリンパ系、血管系の

どちらに吸収されるかは分子量に依存し

その境界の分子量は約30,000である。


 d 消化管からリンパ系を介して吸収された薬物は

肝初回通過効果を受けない。


  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)




記述 a ですが
前半部分の流速については、正しい記述です。
しかし、流速に、数百倍の違いがあるにもかかわらず
薬物の組織分布がほぼ等しくなるとは考えられません。


よって、記述 a は誤りです。



記述 b は、正しい記述です。
腸肝循環との混同を狙った選択肢であると考えられます。


記述 c ですが
境界の分子量は約 5000 です。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d は、正しい記述です。



以上より、正解は 5 です。






(薬物の生体内分布における循環系の重要性)