問96-154 解説





問154

薬物代謝酵素に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。


 a 酵素誘導作用と酵素阻害作用の両方を示す薬物がある。


 b フェノバルビタールは、グルクロン酸転移酵素を含む

複数種の薬物代謝酵素を誘導する。


 c シメチジンは、シトクロムP450 (CYP) のヘム鉄と複合体を形成して

CYPの代謝活性を増強する。


 d リファンピシンは、肝細胞内の核内受容体に結合して

CYP3A4の発現を阻害する。


  1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
「あるか」と聞かれているので
あらゆる薬の中で1つでもあれば
正解なので、1つぐらいあるだろうと
考えるとよいのではないかと思います。
(実際の試験では、記述 c,d が確実に判断できればよいと
思われます。)


記述 a は正しい記述です。



記述 b は、正しい記述です。



記述 c ですが
シメチジンは、複合体を形成して、CYPを阻害します。
代謝活性は減弱します。増強では、ありません。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
リファンピシンは、代表的なCYP 3A4 誘導薬です。
阻害では、ありません。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正解は 1 です。