問96-155 解説




問155

腎排泄に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。


 a イヌリンの腎クリアランスは、糸球体ろ過速度の約2倍である。

 b イヌリンの腎クリアランスは、血漿中濃度が高くなると大きくなる。

 c p-アミノ馬尿酸は、糸球体ろ過と尿細管分泌を受ける。

 d D-グルコースは、糸球体ろ過と尿細管再吸収を受ける。


 1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)




記述 a ですが

イヌリンの腎クリアランスは

まさに、糸球体ろ過速度です。

つまり、イヌリンの腎クリアランスを測定することで

現在の糸球体ろ過速度を測定できる、ということです。

約 2 倍では、ありません。



よって、記述 a は誤りです。




記述 b ですが、記述 a の解説と同様に

イヌリンの腎クリアランスとは、糸球体ろ過速度です。

そして、これは血漿中の薬物濃度が変わろうとも

変化しません。


例えるなら

川(血液のたとえ)が水門(糸球体のたとえ)を

1分間で100L 通過している、とした時に

水に少しぐらい何かが解けているかどうかによって

1分間に通過する水の量は変わらない、ということです。


この量が変わらないような物質の

代表例が、イヌリンである、ともいえます。

そして、イヌリンでは考える必要のない「分泌」や「再吸収」という過程が
他の薬物では存在するため
そうそう簡単には「腎クリアランス」と「糸球体ろ過速度」は
一致しない、ということもぜひ注意しておく必要があります。


よって、記述 b は誤りです。



記述 c,d は、正しい記述です。



以上より、正解は 6 です。