96-168 解説




問168

固体薬物Aは拡散律速によって溶解し

溶解速度は以下に示すNoyes-Whitneyの式に従う。

  dC/dt = kS (Cs-C)

dC/dt:溶解速度、k:見かけの溶解速度定数、S:固体薬物Aの有効表面積

Cs:薬物Aの溶解度、C:溶液中の薬物Aの濃度



固体薬物Aを円盤状に圧縮成形し

回転円盤法を用いて37℃で溶解実験を行った結果を

グラフに示した。

X軸、Y軸、Y切片として正しいものの組合せはどれか。

ただし、t=0のときC=0とする。

X軸Y軸Y切片
1t1n (Cs-C) 1n Cs
21n (Cs-C)t1n Cs
3tCs1n Cs
4tCs-C1nk
5Cs1n (Cs-C)1nk


Noyes-Whitneyの式 解説 より

微分形から積分形にすると

ln (Cs-C) = -kSt + lnCs です。


横軸に t , 縦軸に ln(Cs - C) をとると

直線のグラフとなることがわかります。


よって、正解は 1 です。



問題へ戻る