問96-169 解説





問169

界面活性剤に関する記述と

構造式イ、ロ、ハで示される界面活性剤の正しい組合せはどれか。

 a 殺菌・消毒剤として用いられる。

 b ある温度以上で水への溶解度が急激に上昇する。

 c ある温度以上で水への溶解度が急激に低下する。

 イ CH3 (CH2)11SO3Na

 ロ [ C6H5CH2N (CH3)2C12H25 ] Cl

 ハ CH(CH2)11O (CH2CH2O)9H

   a  b  c 
 1 イ ロ ハ
 2 イ ハ ロ
3 ロ イ ハ
 4 ロ ハ イ
 5 ハ イ ロ
 6 ハ ロ イ



イは、陰イオン界面活性剤です。

ロは、陽イオン界面活性剤です。

ハは、非イオン性界面活性剤です。


記述 a ですが

殺菌・消毒剤などに用いられるのは

陽イオン性界面活性剤です。

ロが対応します。


(知識として知らなくても

石鹸について思い出せれば推測できるのではないかと考えられます。


まず石鹸が、代表的なNa塩で、陰イオン性の界面活性剤です。

石鹸では、「殺菌・消毒剤」としては用いられていない と考えて

記述 a は、陽イオン性の界面活性剤、もしくは非イオン性と考えると

正解にたどり着くと考えられます。)



記述 b,c がそれぞれ

クラフト点(イオン性界面活性剤の特徴)と

曇点(非イオン性界面活性剤の特徴)です。


記述 c は、明らかに ハ が対応する、とわかります。

記述 b は、先ほどの記述 a も含めて考えれば

陰イオン性界面活性剤、すなわち イ が対応します。



以上より、正解は 

a ロ、b イ、c ハ である 3 です。



問題へ戻る