問96-171 解説



問171

日本薬局方通則に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a 滴数を量るには
20℃において「常水」20滴を滴加するとき
その質量が0.90~1.10 gとなるような器具を用いる。

b 常温は15~25℃とする。

c 定量に供する試料の採取量に「約」を付けたものは
記載された量の±10%の範囲をいう。

d 0.05 gを精密に量る場合
適切なはかりを用いて0.045~0.054 gを量る。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 
4(b、c) 5(b、d) 6(c、d)



記述 a ですが
滴数を量る時に用いる水は、精製水です。
常水では、ありません。


よって、記述 a は誤りです。



記述 b ですが、その通りです。
ちなみに、標準温度は、20℃です。
又、室温は、1~30℃です。


よって、記述 b は正しいです。



記述 c は、その通りです。
約がついたら、±10%の範囲です。


よって、記述 c は正しいです。



記述 d ですが
精密に量る、と言われたら
0.1 mg , 10 μg  , 1 μg , 0.1μg
のどれかまで量る という意味です。


四捨五入して、0.05g になればよい
というわけではありません。


ちなみに、0.05g を量る時に
0.045~0.054 g を量る時は
「正確に量る」という表現を用います。


よって、記述 d は誤りです。



以上より、正しいものの組み合わせは
(b , c)です。


正解は 4
です。



問題へ戻る