問96-175 解説



問175

無菌製剤に用いられる添加剤に関する記述の正誤について
正しい組合せはどれか。

a 濃グリセリンは
インスリン注射液の等張化剤として使用される。

b メチルセルロースは
点眼剤の粘稠剤として使用される。

c パラオキシ安息香酸エステル類は
リンゲル液の保存剤として使用される。

d クロロブタノールは
注射剤の保存剤としてだけではなく、無痛化剤としても使用される。


  a  b  c  d
1 正 正 誤 正
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 誤
4 正 誤 正 正
5 誤 正 誤 誤



記述 a ですが
その通りの記述です。

参考) インスリン注射(レベミル)のインタビューフォーム
(等張化剤を、、、濃グリセリンに変更、、、という記述があります。)



記述 b ですが
その通りの記述です。



記述 c ですが
リンゲル液とは、輸液です。

輸液には、保存剤の添加が禁止されています。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
クロロブタノールは
保存剤として用いられる他
局所麻酔作用があり、無痛化剤としても
用いられます。


よって、記述 d は正しいです。



以上より、正しい組み合わせは
正正誤正 です。


正解は 1
です。



問題へ戻る