問96-208 解説



問208

27歳女性。
以前より倦怠感があり、時々発熱することがあった。
また、冬になると指先が白くなることがあった。
数日前より38℃台の発熱、関節痛、筋肉痛があり
近医を受診した。


 身体所見:
  身長157 cm、体重42 kg。
  血圧160/90 mmHg、脈拍72/分、整。
  眼瞼結膜蒼白。


 尿検査:
  タンパク(3+)、タンパク定量1.1 g/日、沈渣:顆粒円柱(+)、
  赤血球円柱(+)、細胞性円柱(+)。


 血液検査:
  赤血球350×104/μL、白血球3400/μL、血小板8×104/μL、
  血清アルブミン6.0 g/dL、
  アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ (AST) 72 IU/L、
  アラニンアミノトランスフェラーゼ (ALT) 90 IU/L、
  血中尿素窒素 (BUN) 40 mg/dL、血清クレアチニン1.8 mg/dL、
  赤血球沈降速度亢進、C反応性タンパク質 (CRP) 0.2 mg/dL、
  抗核抗体陽性、抗DNA抗体陽性。



この患者に用いられるべき医薬品の正誤について
正しい組合せはどれか。

a エタネルセプト

b シクロスポリン

c ビンブラスチン 

d リシノプリル

e プレドニゾロン

  a  b  c  d e
1 正 正 誤 誤 正
2 正 誤 正 誤 誤
3 誤 誤 正 誤 正
4 誤 正 正 正 誤
5 正 誤 誤 正 誤
6 誤 正 誤 正 正



自己免疫性疾患である
全身性エリテマトーデスであると考えられるので
用いられるべき医薬品は
シクロスポリンや、プレドニゾロンのような
免疫抑制薬です。



ちなみに、エタネルセプトは
完全ヒト型可溶性 TNFα レセプター製剤です。
関節リウマチの特効薬の一つです。


ビンブラスチンは
植物性アルカロイド系抗がん剤です。


これらの薬は、全身性エリテマトーデスには
使用しないと考えられます。



リシノプリルは、ACE阻害薬です。
腎障害を伴う高血圧に用いられます。
よって、本問の患者には、用いられるべきであると
考えられます。



以上より、正しい組み合わせは
誤正誤正正 です。


正解は 6
です。



問題へ戻る